エムアンドシーシステム株式会社のの「電子帳簿保存法(電帳法)の対応ご相談ください!」です

サービス

サービス

トップページ » お知らせ » サービス » 電子帳簿保存法(電帳法)の対応ご相談ください!

電子帳簿保存法(電帳法)の対応ご相談ください!

2021/12/20 (月) サービス


経済社会のデジタル化を踏まえ、経理の電子化による生産性の向上、記帳水準の向上等に資するため、令和3年度の税制改正において、「電子計算機を使用して作成する国税関係帳簿書類の保存方法等の特例に関する法律」の改正等が行われ、令和4年1月1日より施行されます。

Q:具体的にどうしないといけないのでしょうか?

A:令和4年1月以降に「見積書」「請求書」「領収書」「契約書」などに関する電子データを送付・受領した場合には、その電子データを一定の要件を満たした形で保存することが必要になります。

※ インターネット上での取引(備品などの購入)に関する支払情報(領収書に相当するもの)が表示される場合には、電子データの保存(PDFやスクリーンショットによる保存も可)をする必要があります。


出典:帳簿類等の保存方法(国税庁の公式サイトより)

 

電子帳簿保存法(電帳法)の対応ご相談ください!

PAGE TOP